輸液について

輸液の目的

輸液製剤とは、生命維持に不可欠な「からだの恒常性の維持」のため、体液の代謝異常(水分・電解質・酸塩基平衡の異常、栄養障害等)の正常化、あるいは体液の代謝異常を未然に防ぐための最も基礎的且つ重要な薬剤であると言えます。

輸液製剤は抗生物質等の医薬品の溶解剤として使用されたり、他の薬剤を輸液製剤の中に「混注」することにより、目的とする薬剤を緩徐に点滴投与することにも使用されています。その他にも、緊急時などの場合に薬剤を投与するための「血管の確保」の目的で使用されることもあり、製剤的な特性を生かした使用方法も輸液製剤の重要な目的になっています。